活動内容

活動日時:毎月第2・第4日曜日 13時~16時

※13時~15時に学習指導を行い、15時~16時はイベントまたはレクリエーションを行います。


活動場所:菊名コミュニティハウス1階会議室

※活動場所の詳細は、アクセスのページをご覧ください。

※本活動は菊名コミュニティハウスとの共催事業です。


【2019年学習会開催日】

1/13、1/27、2/10、2/24、3/10、3/24、4/14、4/28、5/12、5/26、6/9、6/23、7/14、7/28、8/11、8/25、9/8、9/22、10/13、10/27、11/10、11/24、12/8、12/22 

※すべて日曜日


【2019年イベント予定】 

3/24:修了イベント

7/28:科学実験

10/27:ハロウィン

12/22:クリスマス会

※すべて15時~16時に開催予定



団体概要

名称:港北こども学習会

設立:平成24年8月24日


沿革

平成24年8月 

「菊名無料学習会」として、団体設立


平成24年10月 

菊名コミュニティハウスにて活動を開始


平成24年11月 

菊名コミュニティハウスで、年間を通して第2・第4日曜日の午後に開催


平成25年3月 

名称を「菊名こども学習会」に変更


平成25年5月 

港北区後援支援事業に認定


平成26年10月 

名称を「港北こども学習会」に変更




私たちの想い

港北こども学習会では、2つのミッション(活動目的)を掲げて活動しています。


①すべてのこどもたちに等しく学習機会の提供を

1つ目のミッションは、すべてのこどもたちに等しく学びの場を提供するということです。

塾や家庭教師を利用していない家庭のこどもを含め、学び、成長していくことはこどもたちのかけがえのない権利であり、そのことを支援することが社会の責務であると考えています。

親世代の格差や貧困が、これらを担うこどもたちのチャンスを奪い、不平等となっている現状を是正し、生まれ育った世帯や家庭環境にかかわらず、どんなこどもたちにも等しく学習し、成長する機会を与えたいと思っています。


②誰もが地域社会に貢献できる場の提供を

2つ目のミッションは、学習サポートのボランティアをすることを通じて、大学生や社会人が地域社会に貢献できる場を提供するということです。

東日本大震災以降、地域社会への参加意識が高まっている中、大学生や社会人が気軽に地域社会に参加できる場は、まだ限定的であると考えています。

様々なバックグラウンドを持った人たちが、ボランティアを通じてつながり、地域がますます豊かに、元気になる。

それが私たちの願いです。


港北こども学習会では、以上の2つのミッションを掲げて、無償で小中学生の学習を支援するボランティア団体を立ち上げ、様々なバックグラウンドを持った仲間たちと活動をしています。

勉強したいこどもたち、学習サポートのボランティアをしたい大学生・社会人を歓迎します。



会則


港北こども学習会 会則

  

第1条 (名称及び事務局)

 本会は、港北こども学習会(以下「本会」という。)と称し、活動拠点を菊名コミュニティハウス(所在地:横浜市港北区菊名4-4-1)に置き、事務局の設置場所は別途定めるものとする。


第2条(目的)

 本会は、『①こどもたちへ等しい学習機会の場を提供する、②地域社会に貢献できる場を提供する』という基本理念に基づき、会員一人ひとりが自主性をもち、相互に協力しながら活動をすることにより、社会及び地域へ貢献することを目的とする。

 

第3条(活動内容)

 本会は、前条の目的を達成するため、以下の活動を行うものとする。

(1) こどもに対する無償での学習指導及び付随する活動

(2) 他団体からの要請に基づく出張授業

(3) その他理事会または総会で承認した活動

 

第4条(会員)

1.本会の会員は、本会の活動への参加者をもって構成し、原則として、以下の全ての要件を満たす者について、理事会の承認を経て、本会の会員として、正式な会員資格を付与するものとする。

(1)18歳以上の者(国籍不問)

(2)本会の活動に3回以上参加した者

(3)責任をもって本会の活動に参加できる程度の良識を有する者

2.会員は、理事会に申し出ることにより、いつでも本会を退会することができる。

3.前項の定めに拘わらず、会員が以下のいずれか一つに該当する場合は、理事から当該会員に対し、相当な期間の是正指導を行い、なお是正されない場合には、理事会の全会一致の決議により、当該会員を退会させることができるものとする。

(1)会則に違反する行為を行った場合

(2)本会の活動目的に著しく相反する行為を行った場合

(3)本会、他の会員、本会の活動に参加する者、その他関係者等に対して、名誉・信用を毀損する言動や迷惑行為を行った場合

(4)会員自らの営利を目的とした行為を行った場合

(5)政治活動や宗教活動等により、他の会員に迷惑を及ぼした場合

(6)特別な理由なく、本会の活動に6ヶ月以上継続して参加しない場合


第5条(役員の選任)

1.本会には、次の役員を置く。ただし、理事と監事の兼任はできないものとする。

(1) 理事 5名

(2) 監事 2名

2.理事及び監事は、会員の中から、総会において選任する。

3.理事長1名及び副理事長2名を、理事の互選により選出し、総会の承認を得る。


第6条(役員の職務)

1.理事長は、本会を代表し、会務を統括する。

2.副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるとき、または理事長が欠けたときは、その職務を代理する。

3.理事は、各会務を分担して執行し、かつその他本会の運営に関することを審議決定する。

4.監事は、理事及び会員の会務を監査し、必要に応じて、理事会または総会へ報告を行う。また、理事会及び総会に出席し、意見を述べることができる。


第7条(役員の任期)

1.すべての役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

2.補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

3.役員は、自ら希望して理事会に申し出た場合、または素行不良等の理由により理事会の全会一致の解任決議があった場合、解任されるものとする。また、会員資格を失った場合は、当然に解任されたものとみなす。


第8条(理事会)

1.理事会は、6ヶ月に1回理事長が招集し、理事の過半数の出席をもって成立する。

2.理事長は、必要があると判断した場合、または他の理事から要求があった場合、臨時に理事会を開催することができる。

3.理事会の議事は、出席した理事の過半数で決定する。

4.理事会は、次の事項を審議決定する。

(1) 活動立案に関すること

(2) 会員資格に関すること

(3) 総会における議事・議案

(4) その他会務運営上必要な事項


第9条(総会)

1.総会は、年1回理事長が招集し、原則として理事が議長を務める。

2.総会は、次の事項を審議決定する。

(1) 活動立案に関すること

(2) 予算、決算に関すること

(3) 役員の選任に関すること

(4) 会則に関すること

(5) その他会務運営上必要な事項

2.理事長は、必要があると判断した場合、または会員から要求があった場合、臨時に総会を開催することができる。

3.総会の開催は、会員の過半数の出席をもって成立する。

4.総会の議事は、出席会員の過半数で決定する。ただし、会則の変更は、出席会員の3分の2以上の決議で決定しなければならない。


第10条(経費)

本会の運営に要する経費は、会費、寄附金及びその他の収入をもって充てる。


第11条(会費)

会費は、原則無償とする。

 

第12条(活動年度)

 本会の活動年度は、毎年4月1日にから翌年3月31日までとする。


第13条(細則の制定)

 本会則施行のため必要な細則は、総会の議決を経て理事会が定める。


第14条(協議解決)

 本会則に定めの無い事項、または本会則について疑義が生じた場合は、総会において審議決定するものとする。


附 則

1.本会則は、平成30年4月1日から施行する。